2013年秋冬 パリ・ミラノ出張【パリ編2】

7月8日(月)

 

昼にポールとホテルで会い、いつものレストラン・キャプシーヌに向かう。

鴨のローストに舌づつみを打つ。

 

昨年からのこれまでの、東京で起こった様々な出来事を話しているうちに、パリの空気が全てを飲み込み浄化してくれたようで、自分の考えに迷いがなくなったことを感じる。

 

パリ、そしてポールと共に歩んだ40数余年のこれまでの創作活動に一点の曇りもない。

 

やはり、私の選択は決して間違えてはいなかったと確信する。

 

 

食後、ルーブルの衣装美術館に行くも、月曜のために休館。

チェルリー公園で観覧車に乗る。

 

パリ市内が一望に見られてとても良かった。午後は、いつも行く工房に立ち寄り、コレクションのためのアクセサリーなどを選択する。

Facebook Instagram