img_designer_01_01

name_designer_012

慶應義塾大学経済学部卒業後、渡欧。「ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション」を卒業後、「ラシャース」にて修業。「グラン・ショミエール(パリ・アカデミー)」でデッサンを学び、1972年帰国。同年オートクチュールメゾンを設立以来、国内外の皇族、各国大使夫人、政財界夫人、著名人等にむけた究極美の一着を追求しながら、年2回の新作コレクションの創作・発表に挑戦し続けている。

2015年 銀座発信のプレミアムブランドとしてヤング高級プレタポルテ「コージワタナベ スティル」を発表。

パリ・ルーヴル宮殿にて、「KOJI WATANABE 2015-2016AW オートクチュール・パリコレクション」を発表。

BS-TBSにて、パリコレの制作段階から本番までを密着したドキュメンタリー番組『ファッションデザイナー 渡辺弘二の挑戦 ~パリ・ルーヴル 創造と葛藤の100日間~』が放送。
2013年 コージアトリエ創立40周年を記念し、パレスホテルにてコレクションを開催。
慶應義塾横浜初等部・学校制服をデザイン。
2012年 中国・成都シャングリラホテルにて、成都TV(CDTV)とタイアップのもと、新・ブランド「銀座陽弘」コレクションを開催。
2010年 上海万博を記念し、上海環球金融文化メディアセンターにて「KOJI WATANABE FASHION SHOW in Shanghai」を開催。
2008年 文化学園文化ファッション大学院大学にて「渡辺弘二のクリエーション」を テーマに講義。
2008年 玉川大学芸術学部ビジュアル・アーツ学科にて講義。
2006年 「身体のサイズとパーソナリティに合う服を創り手持ち服と着回し」を提唱し「おしゃれ工房」(NHK)等のメディアで活躍。
2004年 カナダ大使館にて「渡辺弘二&ドミニク・ウジロー コラボレート 高級毛皮ファッションショー」を開催。
2004年 ニューヨーク日本ギャラリーにて、初の個展「墨絵ファッションデザイン画展」を開催。
2001年 イタリア大使公邸にて「日本におけるイタリア2001年」の政府公式行事の一環として、”フィレンツェの四季”をテーマに、イタリア製素材を用いたファッションショーを開催。大使公邸でのファッションショーは日本人として初。
1999年 北京・人民大会堂にて中国要人・女性外交官のためのファッションショーを再度開催。
1998年 北京・中国人民対外友好協会ホールにて中国要人・女性外交官のためのファッションショーを開催。
1996年 伊勢神御鎮座2000年奉祝記念事業「をみなの祭り」倭姫命(やまとひめ)御巡幸の衣装をデザイン。
慶應義塾幼稚舎・学校制服(女子)リデザイン。
1991年 英国王室アン王女のスーツをデザインし、バッキンガム宮殿にお納めする。
王位継承権を持つ、英国王室ファミリーのお洋服をデザインして、お納めしたのは日本人初。
1989年 英国王室のロイヤルコレクション(エジンバラ)で引き続き作品を発表。
作品がスコットランド王立美術館に永久保存される。
1988年 (株)東京スタイルと契約し、高級プレタポルテ「コージワタナベ スティル」を発表。(株)吉善商会と契約し、「コージワタナベ スクールユニフォーム」を発表。
1985年 英国王室後援のロイヤルコレクション(エジンバラ)に再度招かれ作品を発表。
仏新聞「リベラシオン」に、インタビュー記事が掲載。
1984年 パリ・ヴォーグ誌12月1日号に、銀座の代表デザイナーとして掲載される。
1983年 英国王室後援のロイヤルコレクション(ロンドン)に招かれ、 作品を発表。
1972年 パリ・ジバンシー社、ジャン・ポール・デュナン氏と共に、オートクチュール「コージ アトリエ」設立。
1969年 慶應義塾大学経済学部卒業後、渡欧。
1947年 東京銀座の高級テーラー「壱番館」の次男として生まれる。
img_designer_02_01-403x288
name_designer_022
2015年 銀座発信のプレミアムブランドとしてヤング高級プレタポルテ「コージワタナベ スティル」を発表。

パリ・ルーヴル宮殿にて、アシスタントデザイナーとして「KOJI WATANABE 2015-2016AW オートクチュール・パリコレクション」を発表。

BS-TBSにて、パリコレの制作段階から本番までを密着したドキュメンタリー番組『ファッションデザイナー 渡辺弘二の挑戦 ~パリ・ルーヴル 創造と葛藤の100日間~』が放送。
2013年 慶應義塾横浜初等部・学校制服をデザイン。
2012年 中国・成都にて、成都TV(CDTV)とタイアップのもと、父・渡辺弘二と共に「銀座陽弘」コレクションを開催。次女を出産。
2009年 女児を出産し、モダンクチュールをコンセプトとした自身のマタニティーブランド「En Ste.」を設立。
2008年 ㈱コージアトリエにて父・渡辺弘二のもとアシスタントデザイナーを担当。
2007年 帰国後、㈱東京スタイル「コージワタナベ スティル」にてアシスタントデザイナーとして入社。
2006年 渡欧し、パリ・オートクチュール組合校「シャンブル・サンディカル・ド・ラ・クチュール・パリジェンヌ」にて立体裁断、同校教諭Dominique Pellen氏よりデ ッサンを修得。
2001年 同校大学文学部卒業後、㈱髙島屋入社。
1989年 慶應義塾幼稚舎入学。
1978年 渡辺弘二の長女として誕生。
bana_designer_enste2